プレスリリース

■2007年11月01日 ネットエイジアリサーチ 若手ビジネスマンの転職実態調査2007 


ネットエイジアリサーチ
若手ビジネスマンの転職実態調査2007
モバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「若手ビジネスマンの転職実態」に関する自主調査をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施しました。

好景気といわれる中、月間平均有効求人数は2002年度から前年比で増え続け、景気回復によって大企業は中途採用を増やしています。さらに団塊世代の定年退職をにらみ、求人市場では企業側での採用が積極的に行われ、転職市場は活発化しています。しかし、その一方で就職しても3年以内に辞める人も増えている現状となっています。
 ネットエイジアでは、上記の点に着目し、ここ2年以内に転職を経験した20歳から39歳の若手ビジネスマンに対して「転職意識とベンチャー観」について調査を実施、300名の回答を集計しました。

今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチにより、タイムリーに提供してまいります。

ネットエイジアリサーチ調査結果>

◆転職活動に際して、ネットの転職媒体を利用したのは34.3%
 転職活動に際して、主に利用した媒体を複数回答形式で聞いた。インターネットの転職媒体を利用したのは34.3%、紙の転職媒体は31.7%、人材エージェントが21.3%となっている。ハローワークは37.3%で、知人、友人の紹介での活動も23.0%と多くなっている。最終的に入社した会社を見つけた方法で最も多いのはハローワークで21%。以下、知人、友人の紹介が19.7%、紙の転職媒体16%、人材エージェント14.3%、ネット転職媒体12%となっている。

◆転職先を選ぶポイントは、「職種」「勤務時間」「給与」・・・現実重視
 転職先を選ぶ際に重視したこと(複数回答)は、「職種」58.3%、「勤務時間」51.7%、「給与」49.7%が上位3項目になっており、会社の将来性や知名度といった計りにくいものより、より現実的なことを重視しているようだ。また男女で回答傾向に差が出ている。男性では「職種」が51.8%でトップ、2位「給与」(46.8%)、3位が「仕事のやりがい」で41.8%となっている。以下「業種」「勤務時間」「財務内容」「社内風土」「将来性」の順で続いている。女性では、「職種」と「勤務時間」が64.2%で同率1位、3位「給与」(52.2%)、以下「業種」「社内風土」「仕事のやりがい」「福利厚生」「財務内容」8位に男性では回答がほとんどなかった「勤務するビルの美観・立地」が入っている。

◆転職期間中の応募社数と内定社数
 転職期間中に、応募した社数は、「1、2社」が最も多く58.3%。次いで「3、4社」18.7%、「5、6社」12.3%。「5、6社以内」で全体の90%近くに上っている。10社以上応募した回答者は6.6%。また、応募した会社で内定までいたった社数も同様に聞いた。「1社」との回答が70.3%、「2社」が20.7%で、「3社」6%。「4社以上」は僅か2.7%だった。転職活動をスタートしてから入社までの期間については、「1ヶ月以内」が42.%、「2ヶ月月」16%、「3ヶ月」12.7%で、3ヶ月以内に再就職を決めた割合が7割強に上っている。一方、「1年以上」の回答者は6%だった。

◆ビジネスマンが考えるベンチャー観は?
 ベンチヤー企業の条件・・・ビジネスマンが考えるベンチャー観・・・を複数回答形式で聞いたところ、「成長が見込める市場に参入している」がトップで46.7%、次いで「独自の技術・ノウハウを持っている」38.7%、「社風が自由」36.7%となっている。「成長市場」「独自技術」「社風」がベンチャーイメージのキーワードといえそうだ。

◆ベンチャーを就職先に考えたときの「魅力と不安」
 今回の回答者で実際にベンチャー企業に転職した割合は1割に満たなかったが、全員に、ベンチャー企業を就職先として考えた場合の、「魅力的なこと」「不安なこと」を聞いた結果、魅力では「やりがい」「仕事をしただけの報酬の見返り」が上位で、不安では「経営の不安定さ」が半数近くと多かった。


□ 調査概要(クローズド調査)
○  調査対象 ・・・ 20歳〜39歳で2年以内に転職した経験のある人(事前調査実施)
○  調査地域 ・・・ 全国
○  回答サンプル数 ・・・ 年代;20歳〜24歳11.3%、25歳〜29歳24.7%、30歳〜34歳35.7%、35歳〜39歳28.3%
性別;男性47%、女性53%
ドコモ55%、au31%、ソフトバンク14%

□ 調査内容
・ 転職した時期
・ 転職活動をスタートしてから入社までの期間
・ 転職活動をスタートしてから入社までの期間についての感想
・ 転職活動をした主な方法
・ 最終的に入社した会社を見つけた方法
・ 転職期間中に応募した社数
・ 内定までいたった社数
・ 転職先を選ぶ際に重視したこと
・ 現在の勤務先はベンチャーに当てはまるか
・ 転職先を選ぶうえで、企業の上場
・ 未上場を気にしたか、またその理由
・ ベンチャー企業の条件とは?
・ ベンチャー企業が成長するためにもっとも大切だと思うこととそう思う理由
・ ベンチャー企業を就職先として考えた場合、もっとも魅力的だと感じること
・ ベンチャー企業を就職先として考えた場合、もっとも不安だと感じること
・ 尊敬している、憧れているベンチャー企業の具体的な経営者の名前と理由
・ これまでの転職回数
・ 現在の年収


□ 調査結果データ
本調査の全回答結果ローデータ(CSV形式)を1万円(税別)にて販売いたします。
ご希望の方は、下記担当までお申し込み、またはお問い合わせください。

 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:境野(サカイノ)
http://www.mobile-research.jp/
〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目9番17号 赤坂ロイヤルオフィスビル3F
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256  email: mobile-press@netasia.co.jp

ネットエイジアモバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/)会員機種カテゴリー(一部紹介)
★ ワンセグケータイ保有・・・合計13,739名
キャリア別内訳:「NTTドコモ」・・・3,713 「au」・・・6,766  「ソフトバンク」・・・3,260
※機種、機能指定(性別、年代、地域別等)によるモバイルリサーチ実施が可能です。
 詳しくはお問い合わせください。


 調査結果一部抜粋

転職先を選ぶ際に重視したこと上位項目
  全体 男性タレント 女性タレント
1位 職種 職種 職種・勤務時間
2位 勤務時間 給与
3位 給与 仕事のやりがい 給与
4位 業種 業種 業種
5位 仕事のやりがい 勤務時間 会社の社内風土(雰囲気)
6位 会社の社内風土(雰囲気) 財務内容、安定性 仕事のやりがい
7位 財務内容、安定性 会社の社内風土(雰囲気) 福利厚生
8位 福利厚生 将来性 財務内容、安定性
9位 将来性 福利厚生 ビルの美観、立地
10位 知名度、ブランド 知名度、ブランド 残業が少ないこと
ネットエイジアモバイルリサーチhttp://www.mobile-research.jp/

ベンチャー企業を就職先として考えた場合、もっとも魅力的だと感じること
ベンチャー企業を就職先として考えた場合、もっとも魅力的だと感じること

ベンチャー企業を就職先として考えた場合、もっとも不安に思うこと
ベンチャー企業を就職先として考えた場合、もっとも不安に思うこと



■ ネットエイジア株式会社について
【社名】 ネットエイジア株式会社
【所在地】 東京本社:東京都港区赤坂6丁目9番17号 赤坂ロイヤルオフィスビル3F
【代表者】 代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】 2005年2月
【資本金】 3億872万円
【事業内容】 モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】 http://www.netasia.co.jp/