プレスリリース

■2008年04月02日 ネットエイジアリサーチ 《シニアマーケティング》都内トレンディスポットランキング〜シニア男女500名の回答結果〜 


ネットエイジアリサーチ
《シニアマーケティング》都内トレンディスポットランキング
〜シニア男女500名の回答結果〜
 全編Flash型ネットリサーチ「リサーチTV」(http://www.researchtv.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「都内トレンディスポットランキング調査」についての自主調査を全編Flash型「リサーチTV」により実施しました。

 東京・赤坂の「akasaka Sacas(赤坂サカス)」が3月20日にグランドオープンし、東京にまた一つ新名所が誕生するなど、近年、都内の再開発が加速し、話題のスポットが増えています。このような点に着目し、今回、一都三県に住む男女50歳〜79歳のシニア層に対して調査を実施し、500名(男性:250名、女性:250名)の回答を得ました。

 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をリサーチTVによりタイムリーに提供してまいります。
※リサーチTV:精度の高い調査結果を追求し、回答負荷を極限まで抑えた、全編Flashの動画リサーチ。モニター数110万人。回答のし易さから、シニアマーケティングでの活用事例も豊富。

リサーチTV(http://www.researchtv.jp/)調査結果>

◆シニアに人気のスポット、No.1は「赤坂サカス」、女性では「東京ミッドタウン」
 行ってみたい東京都内の人気スポット(商業施設)を答えてもらったところ(選択式複数回答)、No.1は開業間もない「赤坂サカス」で24.0%、次いで「東京ミッドタウン」22.8%、3位は「アクアシティお台場」21.4%となった。4位以下は、「表参道ヒルズ」(17.6%)、「六本木ヒルズ」(17.0%)、「恵比寿ガーデンプレイス」(13.2%)、「六本木アークヒルズ」(13.0%)、「汐留シオサイト」「ららぽーと豊洲」(各10.0%)、「丸ビル」(9.6%)となっている。「特にない」との回答は全体で42.0%だった。
 男性でのトップ5は、「赤坂サカス」「アクアシティお台場」「東京ミッドタウン」「表参道ヒルズ」「六本木ヒルズ」の順で、女性では、「東京ミッドタウン」がトップで、2位以下は「赤坂サカス」「六本木ヒルズ」「アクアシティお台場」「表参道ヒルズ」となっており、男女でやや傾向が分かれている。
 また、最も行ってみたいスポットを聞いたところ(回答数290名)、「赤坂サカス」が23.1%でトップ、次いで「東京ミッドタウン」15.9%、「アクアシティお台場」12.8%が上位となっている。

◆「六本木ヒルズ」1/3が行ったことがある
 行ったことのある都内の人気スポットを聞いたところ、「六本木ヒルズ」が33.4%でトップ、2番目に「恵比寿ガーデンプレイス」が32.8%で続き、以下、「丸ビル」(28.2%)「アクアシティお台場」(26.4%)「表参道ヒルズ」(19.4%)となっている。3月20日オープンの「赤坂サカス」に行ったことのある人は8名だった。

◆シニア世代の夫婦のズレ?人気スポットに一緒に行きたい相手
 男性は「妻」、女性は「子ども」「友人」

 都内の人気スポットに行くとしたら、誰(グループ)と行きたいかを聞いたところ(複数回答)、「配偶者(夫・妻)との回答が54.2%で最も多く、次いで「子ども」29.6%、3位が僅差で「趣味仲間などの友人」28.6%となっている。他は、「孫」「近所の友人」各5.0%、「その他の家族」4.2%、「兄弟・姉妹」4.0%、「親戚」1.4%。
 ただ、男女別に見ると回答結果が違っている。男性では「妻」との回答が72.4%で圧倒的に多く、次いで「子ども」21.6%、「趣味仲間などの友人」19.6%となっているが、女性では、「子ども」と「趣味仲間などの友人」が37.6%で同率トップ、次いで「夫」36.0%となっている。男性では回答者の3/4近くが妻と行きたいと思っているのに対し、妻側では1/3という、シニア世代の夫婦のズレが見えている。

◆人気スポットの情報、参考にするのは「インターネット」「テレビ」の順
 人気スポットに行くとしたら、どのような媒体で情報を入手するのかを聞いたところ(複数回答)、「インターネット」との回答が最も多く83.8%、次いで「テレビ」37.0%となっている。以下、「旅行誌・専門誌」20.8%、「口コミ」14.2%、「新聞」11.2%、「フリーペーパー」8.0%、「週刊誌・女性誌」7.0%となっている。調査対象がインターネットユーザーとはいえ、シニアの情報活用におけるインターネットの役割の大きさがうかがえる結果となっている。


□ 調査概要(クローズド調査)
○  調査テーマ ・・・ 《シニアマーケティング》都内トレンディスポットランキング調査
○  調査対象 ・・・ 50歳〜79歳の一都三県に在住する男女
○  調査期間 ・・・ 3月25日〜3月27日
○  回答サンプル数 ・・・ 500名(男性:250名、女性:250名)

□ 調査内容
  • 現在あなたが興味を持っていることを全てお選びください。
  • ショッピングやレジャーなど外出することは好きですか。
  • ショッピングやレジャーなどで外出するときに、誰(グループ)と行くことが最も多いですか。
  • マスコミで話題になるような、人気スポット(商業施設等)に関心がありますか。
  • あなたが知っている都内の人気スポット(商業施設等)を全てお選びください。
  • あなたが行ったことのある都内の人気スポット(商業施設等)を全てお選びください。
  • あなたが行ってみたい都内の人気スポット(商業施設等)を全てお選びください。
  • あなたが最も行ってみたい都内の人気スポット(商業施設等)をお選びください。
  • 都内の人気スポット(商業施設等)に行くとしたら、誰(グループ)と行きたいですか。
  • 都内の人気スポット(商業施設等)に行くとしたら、どのような媒体で情報を入手しますか。


 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:境野(サカイノ)
http://www.netasia.co.jp/
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256  email: mobile-press@netasia.co.jp

■ 「リサーチTV」の概要
ネットリサーチのデメリットである、極端なスピード回答やアンケート設問の読み飛ばしを排除し、限りなく「対面調査インタビュー」に近い、精度の高い ネットリサーチを実現することを可能とするサービス。アンケートモニターは110万人。
回答のし易さから、シニアマーケティングでの活用事例も豊富。


 調査結果一部抜粋


行ってみたい都内の人気スポットベスト10(n=500、複数回答)


行ったことのある都内の人気スポットベスト10(n=500、複数回答)

■ ネットエイジア株式会社について
【社名】 ネットエイジア株式会社
【所在地】 東京本社:東京都港区赤坂6丁目9番17号 赤坂ロイヤルオフィスビル3F
【代表者】 代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】 2005年2月
【資本金】 3億872万円
【事業内容】 モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】 http://www.netasia.co.jp/