プレスリリース

■2009年06月16日 ネットエイジアリサーチ ケータイメーカーに関する調査(1) (ケータイ端末の満足度について) 〜総合満足度 トップはシャ ープ。「ソニーエリクソン」ユーザー 4人に1人が「アップル」への買い替えを希望〜 


ネットエイジアリサーチ
ケータイメーカーに関する調査(1)(ケータイ端末の満足度について)
〜総合満足度 トップはシャープ
「ソニーエリクソン」ユーザー 4人に1人が「アップル」への買い替えを希望〜
 モバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、以下ネットエイジア)では、ケータイメーカーに関する調査(1)(ケータイ端末の満足度について)をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、10代〜30代の男女の回答を集計、計500名の有効サンプルを回収いたしました。

 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチによりタイムリーに提供してまいります。
 また、今回調査結果については、モバイルマーケティング情報ポータルサイト「モバイルマーケティング.jp β版 」(http://www.mobile-marketing.jp/)にてご覧いただけます。

ネットエイジアリサーチ調査結果>

◆ケータイの総合満足度・所有率 ともにトップは「シャープ」
 10代〜30代の男女500名に対し、現在利用しているケータイメーカー(複数利用している場合は最も利用しているメーカー)を聞いたところ(単一回答)、トップは「シャープ」25.0%、次に「パナソニック」16.4%、「NEC」12.6%、「ソニーエリクソン」8.0%となった。
次にケータイの総合満足度について、各メーカーを利用しているユーザー別で見てみると、『満足』(「かなり満足」と「まあまあ満足」の合計)が最も高かったのは、「シャープ」ユーザーで86.4%となり、これに僅差で「ソニーエリクソン」ユーザー85.0%が続き、以下「NEC」ユーザー84.1%、「富士通」ユーザー83.9%、「パナソニック」ユーザー82.9%となった。
 以上のように「シャープ」は、利用率、満足度ともにトップとなった。「ソニーエリクソン」については、利用率は4位だが、満足度は「パナソニック」や「NEC」を上回ることが明らかとなった。

◆不満が高いのは「インターネットの画面表示のスピード」46.8% 「バッテリーの持続性」42.4%
 現在利用しているケータイの各項目についての満足度を単一回答で聞いたところ、『不満』(「やや不満」と「かなり不満」の合計)が高かったのは、<反応スピード(インターネットの画面表示・切り替え)>46.8%、<バッテリーの持続性>42.4%、<反応スピード(インターネット以外の操作)>39.4%となった。第3世代ケータイの普及やパケット料金の定額化によってケータイのインターネット利用者数が増加していることも影響しているのか、この調査結果では、<反応スピード(インターネットの画面表示・切り替え)>がトップとなったことが注目される。<反応スピード(インターネットの画面表示・切り替え)>は通信速度の問題もありメーカーで全て解決できる訳ではないが、ユーザーの要望に応えるにはメーカー側の対応も必要となってくるだろう。
 以上の不満度が高い項目は今後のケータイの新製品開発において重要な視点になると予想される。
 次に、これらの各項目について、満足度の加重平均値を算出し(「かなり満足」は2、「まあまあ満足」は1、「どちらでもない」は0、「やや不満」は-1、「かなり不満」は-2として計算)、コレスポンデンス分析を行った。利用率が上位3位である「シャープ」 「パナソニック」「NEC」はそれぞれ近くに位置し、<デザイン><カラー><大きさ>の[外見的]なポジションに属していることが明らかとなった。一方、「ソニーエリクソン」「富士通」は<液晶画面の大きさ・見やすさ>、「カシオ」「サンヨー」は<耐久性>に近いポジションにあるという結果となった。
※ コレスポンデンス分析とはクロス集計表をもとにして、各項目のポジションを明らかにする分析手法
  今回の分析では「Excelアドイン工房」の数量化V類アドインを使用した。

◆買い替えたいケータイメーカー 「シャープ」「パナソニック」が人気
「ソニーエリクソン」ユーザー 4人に1人が「アップル」への買い替えを希望

 ケータイを買い替える予定があるかどうかを単一回答形式で聞いたところ、『2年以内に買い替える予定である』(「半年以内に買い替える予定である」13.0%、「1年以内に買い替える予定である」12.0%、「2年以内に買い替える予定である」9.6%の合計)は34.6%となり、3人に1人が、『2年以内』にケータイを買い替える予定があると回答した。また、半数の回答者が「具体的な予定はないが、いずれは買い替えたいと思っている」(50.4%)ことが明らかとなった。
 「ケータイを買い替える予定がある」または「具体的な予定はないが、いずれは買い替えたいと思っている」回答者425名に、どのメーカーのケータイに買い替えたいと思うかを限定回答形式(最大3つまで)で聞いたところ、トップは「シャープ」52.5%、2位「パナソニック」40.5%、3位「NEC」26.6%、4位「ソニーエリクソン」23.5%となった。
 さらにこの結果を、各メーカーを利用しているユーザー別で見てみると、どのメーカーも、現在そのメーカーを利用しているユーザーの6割から8割が同じメーカー(例:「シャープ」ユーザーなら「シャープ」)に買い替えたいと回答している。
 ただし、全体結果でトップとなった「シャープ」においては、「パナソニック」ユーザー、「東芝」ユーザー、「日立」ユーザーの約5割が(「パナソニック」ユーザー57.4%、「東芝」ユーザー48.5%、「日立」ユーザー48.4%)、「シャープ」に買い替えたいと回答しており、他ユーザーにおける「シャープ」の人気の高さがうかがえる結果となった。
 iPhoneの製造メーカーである「アップル」では、「ソニーエリクソン」ユーザーが他のユーザーよりも高くなり(26.7%)、「ソニーエリクソン」ユーザーの4人に1人が「アップル」に買い替えたいと考えていることが分かった。




□ 調査概要(クローズド調査)
○ 調査対象・・・10代〜30代の男女
○ 調査地域・・・全国
○ 調査期間・・・5月25日〜5月27日
○ 回答サンプル数・・・500名
(回答者キャリア内訳:NTTドコモ51.8%、au36.4%、ソフトバンク11.8%)
○ 調査方法・・・モバイルリサーチ(3キャリア)

□ 調査内容
  • 現在利用しているケータイメーカー
  • 現在利用しているケータイの総合満足度
  • 現在利用しているケータイの満足度(デザイン/カラー/大きさ/薄さ/液晶画面の大きさ/見やすさ/操作性/バッテリーの持続性/着信音プレインストール/待ち受け画面プレインストール/ゲームプレインストール/耐久性/反応スピード(インターネットの画面表示・切り替え)/反応スピード(インターネット以外の操作の画面表示・切り替え)
  • ケータイを買い替える予定
  • 買い替えたいケータイメーカー


 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:大深
http://www.mobile-research.jp/
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256  email: mobile-press@netasia.co.jp

◆マーケッター・リサーチャーのためのメールマガジン
「モバイルトレンドマガジン」発行中〜マーケティングにおけるモバイル活用最新情報〜
メールマガジン申込サイトURL http://www.mobile-research.jp/investigation/mail_magazin.html


■ ネットエイジア株式会社について
【社名】ネットエイジア株式会社
【所在地】東京本社:東京都港区赤坂6丁目9番17号 赤坂ロイヤルオフィスビル3F
【代表者】代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】2005年2月
【資本金】3億872万円
【事業内容】モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】http://www.netasia.co.jp/




 調査結果一部抜粋


◆現在利用しているケータイのメーカー
 【全体:n=500】
  ※単一回答形式

現在利用しているケータイのメーカー


◆ケータイの総合満足度
  ※単一回答形式

ケータイの総合満足度


◆ケータイの各項目の満足度
 【全体:n=500】
  ※単一回答形式

ケータイの各項目の満足度


◆メーカーとケータイ評価項目によるスコア散布図
 【全体:n=500】

メーカーとケータイ評価項目によるスコア散布図


◆ケータイ買い替えの予定
 【全体:n=500】
  ※単一回答形式

ケータイ買い替えの予定


◆買い換えたいメーカー
 上位7項目
  ※対象者:「ケータイを買い換える予定がある」または
       「具体的な予定はないが、いずれは買い換えたいと思っている」回答者
  複数回答形式

買い換えたいメーカー