プレスリリース

■2009年06月09日 ネットエイジアリサーチ モバイルのEコマースについての意識調査 〜モバイルEコマース、比較するサイトの数は1.7サイト〜 


ネットエイジアリサーチ
モバイルのEコマースについての意識調査
〜モバイルEコマース、比較するサイトの数は1.7サイト〜
 モバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、以下ネットエイジア)では、モバイルのEコマースについての意識調査をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施しました。調査の対象者は10代〜40代の男女で、計800名の有効サンプルを集計いたしました。

 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチによりタイムリーに提供してまいります。
 また、今回調査結果については、モバイルマーケティング情報ポータルサイト「モバイルマーケティング.jp β版 」(http://www.mobile-marketing.jp/)にてご覧いただけます。

ネットエイジアリサーチ調査結果>

◆ PCメインユーザーのモバイルEコマース経験者 41.2%
 10代〜40代の男女800名のモバイルユーザーに対し、パソコンとモバイルのインターネットでは、どちらの方が使う時間が長いかについて聞いたところ、「パソコン」と回答した人(PCメインユーザーと設定)は全体の49.1%となり、「モバイル」と回答した人(モバイルメインユーザーと設定)は50.9%という結果となりました。
 年代別でみると、年代が低いほどモバイルメインユーザーが多く、10代で64.5%、20代で58.0%、30代で45.0%、40代で36.0%となっています。
 次に同回答者に対し、モバイルのインターネットを使っての商品購入経験について聞いたところ、PCメインユーザー(393名)は41.2%、モバイルメインユーザー(407名)は57.5%の回答者が「モバイルのインターネットで商品を購入したことがある」と回答し、やはりモバイルメインユーザーの方が、モバイルでのEコマース経験が高いことがうかがえる結果となっています。

◆ モバイルEコマースでよく購入する商品は「DVDやCD」
 モバイルでのEコマースを利用したことがあると回答した396名に対し、モバイルEコマースでの購入経験回数を聞いたとこる、PCメインユーザー(162名)では「1回のみ」が21.0%、「2回」は19.1%、「3回」は14.8%、「4回」は1.9%、「5回以上」は43.2%という結果となりました。それに対し、モバイルメインユーザー(234名)は「1回のみ」は8.1%で、「2回」13.2%、「3回」10.3%、「4回」3.4%、「5回以上」65.0%となっており、モバイルメインユーザーで、モバイルEコマースの経験がある場合、半数以上の人(65.0%)が「5回以上」と回答しており、モバイルEコマースが浸透している様子がうかがえる結果となっています。
 また同回答者に対し、どのような商品を購入することが多いのかを複数回答形式で聞いたところ、全体として最も多かった回答は「DVDやCD」で43.9%、2位は「書籍」で34.6%、3位は「洋服」で27.8%、4位は同率で「サプリメントや医薬品」、「チケット」で24.2%となり、5位は「日用品」で23.0%という結果となりました。

◆ モバイルEコマースを利用する際の比較するサイト数は 1.7サイト
 モバイルEコマースを利用したころがあると回答した396名に、モバイルEコマースを利用する際に、いくつくらいの比サイトを比較するのか尋ねたところ、全体の平均は1.7サイトであることがわかりました。次に詳細を見ていくと、最も多かった回答は、「比較しない(0サイト)」という回答で38.6%となりました。次に多かった回答は、「3つ」で24.0%、「2つ」で21.3%という結果となっています。 また、PCメインユーザーとモバイルメインユーザーで比較すると、ほとんど差はなく、PCメインユーザーの平均は1.6サイト、モバイルメインユーザーの平均は1.7サイトとなりました。

◆ PCメインユーザーのモバイルEコマース利用意向は 4人に1人
 「モバイルでのEコマースを利用したことがない」と回答した404名に対し、モバイルEコマースの利用意向を聞いたところ、PCメインユーザーの場合、『利用してみたいと思う』(「利用してみたいと思う」5.2%、「やや利用してみたいと思う」20.8%の合計)という回答は26.0%となりました。一方、モバイルメインユーザーでは、『利用してみたいと思う』(「利用してみたいと思う」17.3%、「やや利用してみたいと思う」30.1%の合計)との回答は47.4%となり、モバイルメインユーザーのモバイルEコマース利用意向の方が、21.4ポイント高くなる結果となりました。このように、モバイルメインユーザーは日頃からモバイルのインターネットに親しんでいる分、モバイルEコマースの利用に対する抵抗感がPCメインユーザーより低いのではないかと推察できる結果となっています。




□ 調査概要(クローズド調査)
○ 調査対象・・・10代〜40代の男女
○ 調査地域・・・全国
○ 調査期間・・・5月27日〜5月28日
○ 回答サンプル数・・・800名
○ 調査方法・・・モバイルリサーチ(3キャリア)

□ 調査内容
  • PCとモバイルのインターネットでは、どちらの方が長い時間使うかについて
  • モバイルのインターネットを使っての商品購入経験について
  • モバイルのインターネットを使って商品を購入した回数について
  • モバイルのインターネットを使って商品を購入した商品について
  • モバイルのインターネットを使って商品を購入する際、比較するサイトの数について
  • モバイルのインターネットを使っての商品購入意向について


 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:馬場
http://www.mobile-research.jp/
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256  email: mobile-press@netasia.co.jp

◆マーケッター・リサーチャーのためのメールマガジン
「モバイルトレンドマガジン」発行中〜マーケティングにおけるモバイル活用最新情報〜
メールマガジン申込サイトURL http://www.mobile-research.jp/investigation/mail_magazin.html


■ ネットエイジア株式会社について
【社名】ネットエイジア株式会社
【所在地】東京本社:東京都港区赤坂6丁目9番17号 赤坂ロイヤルオフィスビル3F
【代表者】代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】2005年2月
【資本金】3億872万円
【事業内容】モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】http://www.netasia.co.jp/




 調査結果一部抜粋


◆PCとモバイルのインターネットでは、どちらの方が長い時間使うかについて
※単一回答形式

PCとモバイルのインターネットでは、どちらの方が長い時間使うかについて


◆モバイルのインターネットを使っての商品購入経験について
※単一回答形式

モバイルのインターネットを使っての商品購入経験について


◆モバイルのインターネットを使って商品を購入した回数について
対象者:モバイルでの商品購入経験がある人
※単一回答形式

モバイルのインターネットを使って商品を購入した回数について


◆モバイルのインターネットを使って商品を購入した商品について
対象者:モバイルでの商品購入経験がある人
※複数回答形式

モバイルのインターネットを使って商品を購入した商品について


◆モバイルのインターネットを使って商品を購入する際比較するサイトの数について
対象者:モバイルでの商品購入経験がある人
※単一回答形式

モバイルのインターネットを使って商品を購入する際比較するサイトの数について


◆モバイルのインターネットを使っての商品購入意向について
対象者:モバイルでの商品購入経験がない人
※単一回答形式

モバイルのインターネットを使っての商品購入意向について