プレスリリース

■2008年12月12日 ネットエイジアリサーチ 小中学生と保護者の「ケータイ依存」に関する調査(大阪府)〜自分の子供はケータイ依存34%〜 


ネットエイジアリサーチ
小中学生と保護者の「ケータイ依存」に関する調査(大阪府)
〜自分の子供はケータイ依存34%〜
 モバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「小中学生と保護者の「ケータイ依存」に関する調査(大阪府)」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、大阪府の公立小中学校に通う子供の保護者、270名の回答を集計いたしました。

 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチによりタイムリーに提供してまいります。
 また、今回調査結果については、モバイルマーケティング情報ポータルサイト「モバイルマーケティング.jp β版 」(http://www.mobile-marketing.jp/)にてご覧いただけます。

ネットエイジアリサーチ調査結果>

◆自分の子供はケータイ依存34%
 ケータイを所有している子供を持つ親に、「自分の子供はケータイ依存だと思うか?」という質問を単一回答で聞いたところ、12.0%が「思う」と回答、「やや思う」と回答した22.2%と合わせて「思う(計)」が34.2%と、約3人に1人の親が「自分の子供はケータイ依存かもしれない」と思っていることがわかった。子供の性別学齢別でみると、女子中学生では、ケータイ依存だと「思う(計)」は48.8%で、約半数の親が自分の子供は「ケータイ依存」であると感じていることがわかった。

◆私自身がケータイ依存31%
 「あなた自身はケータイ依存だと思うか?」という質問を単一回答で聞いたところ、「思う」と回答した割合が5.2%、「やや思う」と回答した割合が25.6%で、合わせて30.8%の親が「自分はケータイ依存」だと思っていることがわかった。
 また、ケータイを所有している子供を持つ親で、自分がケータイ依存だと「思う(計)」33人のうち、自分の子供もケータイ依存であると「思う(計)」親は約半数の45.5%であった。一方で、自分はケータイ依存だと「あまり思わない」「思わない」と答えた「思わない(計)」親63人では、自分の子供がケータイ依存であると「思う(計)」と答えた割合は27.0%で、逆に「思わない(計)」と答えた割合は65.0%であった。

◆ケータイを持つことで安心できる点、「いつでも連絡が取れること」が93%
 「あなたの子供がケータイを持つことで安心できる点・便利な点は何か?」という質問を複数回答形式で聞いたところ、最も多かったのが「いつでも連絡が取れること」で93.3%であった。次いで「GPS機能で子供がどこにいるかわかること」が52.2%、「(機種によっては)防犯ブザーが付いていること」が28.5%と続く。子供の性別でみてみると男児よりも女児の方が、「GPS機能で子供がどこにいるかわかること」については6.9ポイント、「(機種によっては)防犯ブザーが付いていること」については15.1ポイント、それぞれ高い結果となった。

◆ケータイを持つことで不安・心配になる点、「出会い系などの有害サイトへの関与」が75%
 「あなたの子供がケータイを持つことで不安・心配になる点は何か?」という質問を複数回答形式で聞いたところ、「出会い系などの有害サイトへの関与」と答えた人が最も多く、75.2%であった。以下「学校裏サイトやプロフ・掲示板での誹謗中傷・イジメ」が72.6%、「迷惑メールやワンクリック詐欺などの被害」が67.0%と続く。子供のケータイ所有・非所有別でみると、ケータイ非所有の親は「高額なケータイ利用料」で44.6ポイント、「ケータイ依存による学力の低下」で24.0ポイント、「ゲームのやりすぎ」で31.2ポイント、ケータイ所有の親よりも、より心配しているということがわかった。

子供用ケータイに望むこと「緊急時用の機能」「学習ツール」
「利用制限の設定、利用状況が常に把握できる機能」「デザイン(子供っぽさが困る)」
「各キャリアで子供用のケータイを発売しているが、そのことを知っているか?」という質問をしたところ、全体では97.4%が知っていた。そこで子供用ケータイで欲しい機能を自由回答形式で聞いたところ、「何かあった時にボタン一つで警察などに通報できる機能」「電源を切っていても、緊急時には親側から電源を入れて通話出来る」などの『緊急時用の機能』、「辞書機能(英和・国語)」「無料学習ソフト付きのケータイ」などの『学習ツール』、また、「危険なサイトは接続しても回線が切れる機能」「使用状況が親に送信される」「子供のメール送受信履歴またはその内容を親の携帯から確認出来る機能」「親側で使用ストップが携帯会社を通さず自由に出来る機能」などの『利用制限の設定と利用状況が常に把握できる機能』、さらに「小学校高学年になると嫌がるような子供っぽさが困る」「形がかっこいい」「高学年になると大人用の携帯をほしがるので、逆に大人用携帯の方を充実させてほしい」などの『デザイン(子供っぽさが困る)』を求める意見がみられた。



□ 調査概要(クローズド調査)
○  調査対象 ・・・ 大阪府在住で公立の小学校・中学校に通う子供がいる22歳〜59歳のケータイユーザー
○  調査地域 ・・・ 大阪府
○  調査期間 ・・・ 12月5日〜12月7日
○  回答サンプル数 ・・・ 270名(回答者キャリア内訳;NTTドコモ52.3 %、au33.3%、ソフトバンク14.4%)
性別:男性45.6%、女性54.4%

□ 調査内容
  • あなた自身はケータイ依存だと思いますか?
  • あなたのお子様はケータイ依存だと思いますか?
  • 子供がケータイを持つことで、安心できる点・便利だと思う点は?
  • 子供がケータイを持つことで、不安になる点・心配な点は?
  • 各携帯電話会社から子供用ケータイが発売されていますが、そのことを知っていましたか?
  • 子供用ケータイに欲しい機能は?


 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:山名(ヤマナ)
http://www.mobile-research.jp/
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256  email: mobile-press@netasia.co.jp

◆マーケッター・リサーチャーのためのメールマガジン
「モバイルトレンドマガジン」発行中〜マーケティングにおけるモバイル活用最新情報〜
メールマガジン申込サイトURL http://www.mobile-research.jp/


■ ネットエイジア株式会社について
【社名】 ネットエイジア株式会社
【所在地】 東京本社:東京都港区赤坂6丁目9番17号 赤坂ロイヤルオフィスビル3F
【代表者】 代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】 2005年2月
【資本金】 3億872万円
【事業内容】 モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】 http://www.netasia.co.jp/




 調査結果一部抜粋


あなた自身はケータイ依存だと思いますか。【単一回答形式】
あなた自身はケータイ依存だと思いますか。【単一回答形式】
※クリックすると拡大します。


あなたの子供はケータイ依存だと思いますか。【単一回答形式】
あなたの子供はケータイ依存だと思いますか。【単一回答形式】
※クリックすると拡大します。


子供がケータイを持つことで、安心できる点・便利な点はなんですか?【複数回答形式】
子供がケータイを持つことで、安心できる点・便利な点はなんですか?【複数回答形式】
※クリックすると拡大します。


子供がケータイを持つことで、不安になる点・心配な点はなんですか?【複数回答形式】
子供がケータイを持つことで、不安になる点・心配な点はなんですか?【複数回答形式】
※クリックすると拡大します。


各携帯電話会社から子供用のケータイが発売されていますが、あなたはそのことを知っていましたか。【単一回答形式】
各携帯電話会社から子供用のケータイが発売されていますが、あなたはそのことを知っていましたか。【単一回答形式】
※クリックすると拡大します。