プレスリリース

■2008年10月15日 ネットエイジアリサーチ ノーベル賞に関する調査〜高校生はノーベル平和賞に注目〜 


ネットエイジアリサーチ
ノーベル賞に関する調査
〜高校生はノーベル平和賞に注目〜
 モバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「ノーベル賞に関する調査」をモバイルリサーチ(ケータイによるインターネットリサーチ)により実施し15歳〜18歳の高校生男女のケータイユーザー500名の回答を集計いたしました。

 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチによりタイムリーに提供してまいります。
 また、今回調査結果については、モバイルマーケティング情報ポータルサイト「モバイルマーケティング.jp β版 」(http://www.mobile-marketing.jp/)にてご覧いただけます。

ネットエイジアリサーチ調査結果>

◆高校生はノーベル平和賞に注目
「ノーベル賞に関心があるか?」という質問を単一回答形式で聞いたところ、全体で65.2%が「関心がある」と回答した。さらにその「ノーベル賞に関心がある」326名に「最も関心のあるノーベル賞の部門はどれか?」(単一回答形式)という質問をしたところ、トップは「ノーベル平和賞」で31.3%、2位は「ノーベル化学賞」22.4%、3位は「ノーベル物理学賞」19.6%となった。先日、4人の日本人受賞者を輩出した「物理学賞」と「化学賞」はやはり関心度が高い。しかしながら今回の調査結果では、高校生の関心が最も高いのは「平和賞」という結果になった。「平和賞」の話題は、日本では比較的地味な扱いとなっているが、昨今の北朝鮮の核問題やイラク戦争の影響もあってか、高校生もやはり「平和」に大いに関心があるようだ。

◆高校生の9割、環境問題に関心
「ノーベル平和賞」は、平和活動そのものだけでなく、環境保護や貧困の解消などの取組みも授与対象としているが、現代の高校生が環境問題や貧困問題に対してどのような意識を持っているかを調べるため「環境問題・貧困問題に関心があるか?」と単一回答形式で聞いてみた。その結果、全体での「環境問題に関心がある」は89.2%、「貧困問題に関心がある」は76.4%となった。さらに、この「環境問題・貧困問題への関心の有無」を、「ノーベル賞に関心がある」回答者(326名)でみてみると「環境問題に関心がある」は93.6%、「貧困問題に関心がある」81.6%と全体結果よりも高くなった。このように「ノーベル賞に関心がある」回答者は、「ノーベル賞への関心」と同時に「環境問題」や「貧困問題」に対する意識が高いということが分かった。

◆男子高校生「自分も頑張ろう」3割
「日本人がノーベル賞を受賞したことをどのように感じるか?」という質問を「ノーベル賞に関心がある」326名に複数回答形式で聞いたところ、「同じ人間としてすごいと思った」73.0%、「日本人として誇りに思った」63.5%、「自分も頑張ろうと思った」21.5%となった。「同じ人間としてすごいと思った」は、ノーベル賞受賞者に対する素直な感想として最も多く回答されたと考えられる。「自分も頑張ろうと思った」男子高校生は、28.2%になっており、今回の受賞は男子高校生の3割近くに、自分に対する奮起材料として影響を与えたようだ。

◆高校生認知率トップ 田中耕一
「ノーベル賞を受賞した日本人についてどの程度知っているか?」という質問を単一回答形式で聞いたところ、「名前も受賞したノーベル賞も知っている」のトップは「田中耕一」44.6 %、2位は「川端康成」38.0%、3位は「小柴昌俊」33.2%であった。「ノーベル賞を受賞した日本人」としてみた場合、現代の高校生にとっては歴史上著名な人物である「湯川秀樹」や「佐藤栄作」よりも、2002年の受賞での記憶が新しい「田中耕一」「小柴昌俊」の方が、印象は強いといえるのかもしれない。


□ 調査概要(クローズド調査)
○  調査対象 ・・・ 15歳〜18歳のケータイユーザー
○  調査地域 ・・・ 全国
○  調査期間 ・・・ 10月10日〜10月14日
○  回答サンプル数 ・・・ 500名(回答者キャリア内訳:NTTドコモ47.2%、au33.6%、ソフトバンク19.2%)
性別:男性50%、女性50%

□ 調査内容
  • ノーベル賞への関心の有無と最も関心のあるノーベル賞の部門
  • 環境問題・貧困問題に対する関心の有無
  • 日本人がノーベル賞を受賞したことについて
  • ノーベル賞を受賞した日本人の認知について


 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:大深(オオフカ)
http://www.mobile-research.jp/
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256  email: mobile-press@netasia.co.jp

◆マーケッター・リサーチャーのためのメールマガジン
「モバイルトレンドマガジン」発行中〜マーケティングにおけるモバイル活用最新情報〜
メールマガジン申込サイトURL http://www.mobile-research.jp/


■ ネットエイジア株式会社について
【社名】 ネットエイジア株式会社
【所在地】 東京本社:東京都港区赤坂6丁目9番17号 赤坂ロイヤルオフィスビル3F
【代表者】 代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】 2005年2月
【資本金】 3億872万円
【事業内容】 モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】 http://www.netasia.co.jp/




 調査結果一部抜粋


最も関心のあるノーベル賞の部門はどれか?【単一回答】
最も関心のあるノーベル賞の部門はどれか?【単一回答】
※クリックすると拡大します。


ノーベル賞を受賞した日本人についてどの程度知っているか?(「名前も受賞したノーベル賞も知っている」上位10項目をグラフで表示)(n=500)【単一回答】
ノーベル賞を受賞した日本人についてどの程度知っているか?(「名前も受賞したノーベル賞も知っている」上位10項目をグラフで表示)(n=500)【単一回答】
※クリックすると拡大します。