プレスリリース

■2008年09月30日 ネットエイジアリサーチ 国際電話の利用実態に関する調査〜固定、ケータイにおける国際電話利用実態が明らかに〜 


ネットエイジアリサーチ
国際電話の利用実態に関する調査
〜固定、ケータイにおける国際電話利用実態が明らかに〜
 全編Flash型ネットリサーチ「リサーチTV」(http://www.researchtv.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「国際電話の利用実態に関する調査」を全編Flash型ネットリサーチ「リサーチTV」により実施しました。対象は1年以内にケータイ(携帯電話・PHS)、固定電話で国際電話を利用した人を事前調査で抽出、それぞれの利用者を400名ずつ、計800名の回答を得ました。
 国際電話サービスは、世の中のグローバル化、またケータイなどデバイスの進化、サービス事業者の増加により、今後市場の拡大傾向が予想されます。そういった中、国際電話利用者などユーザーの実態に迫った今回調査は大きな意味を持つと考えております。

 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つ様々な情報をリサーチTVによりタイムリーに提供してまいります。


リサーチTV(http://www.researchtv.jp/)調査結果>

◆国際電話をかけたシチュエーション、ケータイではビジネス利用がトップ
 国際電話をかけたシチュエーションを複数回答で聞いたところ、ケータイ(携帯電話・PHS)からでは「取引先への電話」が30.0%で最も多く、次いで「海外へ住んでいる(留学を含む)友人への電話」が26.5%となっている。
3番目以降は、「海外へ住んでいる(留学を含む)家族への電話」(17.0%)、「海外旅行している家族への電話」(15.8%)、「出張している友人への電話」(11.0%)、「出張している家族への電話」(10.3%)だった。
 一方固定電話から国際電話をかけたシチュエーションでは「海外へ住んでいる(留学を含む)友人への電話」が30.0%でトップ、「海外へ住んでいる(留学を含む)家族への電話」が24.8%で続き、以下、「取引先への電話」17.5%、「出張している家族への電話」10.8%だった。ケータイと固定電話を比較するとケータイでの国際電話利用のシチュエーションがヒジネスからプライベートまで幅広く、多岐に渡っていることが明らかとなっている。

◆国際電話のサービス事業者イメージ・・・ケータイでは、au/KDDIが全ての項目トップ
 国際電話サービスを提供している事業者について、<国際電話の実績が豊富で安心><通話品質が良い><通話エリアが広い><料金が安い>という4項目に当てはまる上位2社を回答者に選択してもらった。ケータイの国際電話サービス事業者では、<国際電話の実績が豊富で安心>のイメージで選ばれたのは「au/KDDI」が68.5%でトップ、2位「NTTDoCoMo」56.5%、3位「NTTコミュニケーションズ」41.0%、4位「SoftBank」21.5%だった。<通話品質が良い>イメージでも「au/KDDI」が69.8%でトップ、2位以下は「NTTDoCoMo」57.3%、「NTTコミュニケーションズ」39.5%、「SoftBank」22.5%となっている。また<通話エリアが広い><料金が安い>の2項目でも「au/KDDI」がトップとなっており、国際電話サービス業界で確固たるイメージを持たれていることがうかがえる。また固定電話の国際電話サービス事業者イメージでも「au/KDDI」が4項目のうち、<国際電話の実績が豊富で安心><通話エリアが広い><料金が安い>の3項目でトップとなっている。
 ※国際電話のサービス事業者イメージの%は回答が2つになるため、%の合計値は200%となります。

◆国際電話のプリペイドカード利用率
 1年以内における国際電話のプリペイドカードの利用有無を尋ねたところ、ケータイで国際電話を利用したユーザーでは23.3%が「利用したことがある」と回答した。その回答者に対し利用した国際電話のプリペイドカードを複数回答で聞いたところ、「スーパーワールドカード(KDDI)」が61.3%で最も多く、次いで「ワールドプリペイドカード(NTTコミュニケーションズ)」21.5%だった。その他、「ブラステルスマートフォンカード(ブラステル)」8.6%、「VIVAPLUSカード(コムスクエア)」5.4%、「Communication card/Comica(ソフトバンクテレコム)」4.3%だった。固定電話で国際電話を利用したユーザーでは、1年以内で「利用したことがある」との回答は13.0%だった。

◆国際電話の利用頻度、ケータイでは「10回以上」1/4を超える
 ケータイから国際電話をかけた頻度を聞いたところ(1年以内)、「1、2回」が41.3%と多かったが、「10回〜19回」9.8%、「20回以上」17.0%と、10回以上利用している人も26.8%と全体の1/4以上となっている。この他、「3、4回」が18.0%、「5〜9回」との回答が14.0%だった。
 固定電話から国際電話をかけた頻度は、「1、2回」が62.3%、「3、4回」17.5%、「5〜9回」7.2%、「10回〜19回」6.5%、「20回以上」6.5%となっており、ケータイで国際電話をかける頻度が固定電話に比べ多いことが明らかとなった。



□ 調査概要(クローズド調査)
○  調査テーマ ・・・ 国際電話の利用実態に関する意識調査
○  調査対象 ・・・ 1年以内に国際電話をかけた人
○  調査地域 ・・・ 全国
○  調査期間 ・・・ 9月12日〜9月16日
○  回答サンプル数 ・・・ 1年以内にケータイ(携帯電話・PHS)から国際電話をかけた人400名
1年以内に固定電話から国際電話をかけた人400名、合計800名

□ 調査内容
  • 1年以内に国際電話をかけた回数
  • 1年以内に国際電話をかけたシチュエーション
  • 1年以内に国際電話をかけたときの利用サービス
  • 1年以内に国際電話をかけたときに最も利用したサービスにおける割引サービス適用有無
  • 1年以内に国際電話をかけたときに最も利用したサービスの認知方法
  • 1年以内に携帯電話・PHSから国際電話をかけたときに、最も利用したサービスの満足度
  • 国際電話サービスを提供している企業のイメージ
  • 今後、国際電話をかけるときのサービスを利用する際に重視したいこと
  • 1年以内の国際電話プリペイドカード利用有無
  • 利用した国際電話のプリペイドカード
  • 利用した国際電話のプリペイドカードを選んだ理由


 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:大深(オオフカ)
http://www.netasia.co.jp/
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256  email: research-press@netasia.co.jp

■ 「リサーチTV」の概要
ネットリサーチのデメリットである、極端なスピード回答やアンケート設問の読み飛ばしを排除し、限りなく「対面調査インタビュー」に近い、精度の高いネットリサーチを実現することを可能とするサービス。アンケートモニターは130万人。
回答のし易さから、シニアマーケティングでの活用事例も豊富。


 調査結果一部抜粋



国際電話をかけたシチュエーション(複数回答:ケータイ、固定各n=400、%)
国際電話をかけたシチュエーション(複数回答:ケータイ、固定各n=400、%)
※クリックすると拡大します。


国際電話をかけたシチュエーション(複数回答:ケータイ、固定各n=400、%)
※クリックすると拡大します。



■ ネットエイジア株式会社について
【社名】 ネットエイジア株式会社
【所在地】 東京本社:東京都港区赤坂6丁目9番17号 赤坂ロイヤルオフィスビル3F
【代表者】 代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】 2005年2月
【資本金】 3億872万円
【事業内容】 モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】 http://www.netasia.co.jp/