プレスリリース

■2008年09月29日 ネットエイジアリサーチ スマートフォンのイメージについての調査〜スマートフォンのイメージ「小さなパソコンのような携帯電話」〜 


ネットエイジアリサーチ
スマートフォンのイメージについての調査
〜スマートフォンのイメージ「小さなパソコンのような携帯電話」〜
 全編Flash型ネットリサーチ「リサーチTV」(http://www.researchtv.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「スマートフォンのイメージについての調査」を全編Flash型ネットリサーチ「リサーチTV」により実施、男女20歳〜49歳の793名(男性:333名、女性:463名)の回答を得ました。

 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つ様々な情報をリサーチTVによりタイムリーに提供してまいります。
※リサーチTV:精度の高い調査結果を追求し、回答負荷を極限まで抑えた、全編Flashの動画リサーチ。モニター数130万人。回答のし易さから、シニアマーケティングでの活用事例も豊富。

リサーチTV(http://www.researchtv.jp/)調査結果>

 iPhoneによって注目を集めているスマートフォン。大手キャリアの中で唯一スマートフォンを発売していなかったKDDIも参入を決定し、10月上旬にはイー・モバイルが"話題の新機種"Touch Diamondの発売を予定している。このように現在スマートフォンは、各携帯電話会社から新機種の投入が積極的に行われ、携帯電話市場の新たな需要を生み出すツールとして大きな期待を寄せられている。ただし、その一方で一般的なユーザーにとってスマートフォンは通常の携帯電話と比べて、まだまだなじみが薄く、またスマートフォンがどういうものかをあいまいなまま認識していることも予想される。そこで、今回は20歳〜49歳の男女がスマートフォンに対してどういうイメージを持っているのかを探るための調査を行った。

◆スマートフォンに対する認知は7割、内容の理解度は男性の方が高い
 まず、「スマートフォンをどの程度知っているか?」と聞いたところ、「内容は知らないが、名前は知っている」が50.9%、「スマートフォンの内容を知っている」が19.9%となり、「スマートフォンを認知している」回答者は全体で7割にのぼることが分かった。以上のように、スマートフォンの内容を理解している回答者はまだまだ少数だが、名称自体はかなり浸透していることが分かった。性別にみると「内容は知らないが、名前は知っている」は、男性が47.1%、女性が53.7%、「スマートフォンの内容を知っている」は、男性は35.1%、女性が8.9%となり、名称の認知については女性の方が高く、一方、内容については男性の方が高くなることが分かった。また一日のパソコンのインターネット利用時間が「1時間未満」の回答者と「1時間以上」の回答者で比較してみると「内容は知らないが、名前は知っている」は、「1時間未満」の回答者が44.8 %、「1時間以上」の回答者が51.9 %、「スマートフォンの内容を知っている」は、「1時間未満」の回答者が13.3 %、「1時間以上」の回答者が20.9 %となり、パソコンでのインターネットを長時間利用している回答者の方が、スマートフォンの名称の認知や内容についての理解が高いという調査結果になった。

◆スマートフォンのイメージ「小さなパソコンのような携帯電話」が5割
 20歳〜49歳の男女のスマートフォンに対するイメージはどうなのであろうか?「スマートフォンの内容を知っている」「内容は知らないが、名前は知っている」と回答した回答者562名に「イメージとするスマートフォンとは以下のどれを指しますか?」という設問を複数回答形式で聞いてみた。その結果、トップは「小さなパソコンのような携帯電話・PHS」が55.3%、次に「高機能な携帯電話・PHS」30.4%となった。これらの結果から、スマートフォンはパソコンと類似し、かつ高機能なイメージを持たれていることが考えられる。
 さらに「スマートフォンと一般の携帯電話はどんな点で異なっているか?」という設問を複数回答形式で聞いたところ「キーボードが付いている」48.1%、「パソコンとの連携性がある」30.1%、「Microsoft Office等パソコンで使用しているアプリケーションソフトが使える」26.0%、「パソコンで使用したファイルをそのまま使える」24.8%となった。"キーボード"はスマートフォンの必須条件ではないが、スマートフォンの幾つかの機種のイメージやパソコンとの類似イメージが強いためか、半数近くが"キーボードの付属"を一般の携帯電話の違いとして認識しているという結果になった。また、パソコンとの連携性やアプリケーションソフトの使用は、スマートフォンの大きな利点として語られることが多いが、スマートフォン自体の理解がまだあまり進んでいないためか一般携帯電話との違いとしてそれらの利点を認識しているのは、回答者の2割から3割にとどまることが分かった。



□ 調査概要(クローズド調査)
○  調査テーマ ・・・ 「スマートフォンのイメージについての調査」
○  調査対象 ・・・ 20歳〜49歳の男女
○  調査期間 ・・・ 9月19日〜9月21日
○  回答サンプル数 ・・・ 793名(男性:333名、女性:460名)

□ 調査内容
  • 携帯電話をどの程度使用するか(通話・メール・インターネット)。
  • 携帯電話でインターネットをする1日の平均利用時間はどれくらいか。
  • パソコンでインターネットをする1日の平均利用時間はどれくらいか。
  • スマートフォンをどの程度知っているか。
  • イメージとするスマートフォンとはどのようなものか。
  • スマートフォンと一般の携帯電話はどんな点で異なっているか。
  • 実際にスマートフォンを触って操作したことがあるか。


 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:大深(オオフカ)
http://www.netasia.co.jp/
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256  email: research-press@netasia.co.jp

■ 「リサーチTV」の概要
ネットリサーチのデメリットである、極端なスピード回答やアンケート設問の読み飛ばしを排除し、限りなく「対面調査インタビュー」に近い、精度の高いネットリサーチを実現することを可能とするサービス。アンケートモニターは130万人。
回答のし易さから、シニアマーケティングでの活用事例も豊富。


 調査結果一部抜粋



◆あなたはスマートフォンをどの程度ご存じですか?(n=793)【単一回答】
あなたはスマートフォンをどの程度ご存じですか?(n=793)【単一回答】
※クリックすると拡大します。


◆あなたのイメージとするスマートフォンとは以下のどれを指しますか?あてはまるものをいくつでもお答えください。(n=562)【複数回答】
あなたのイメージとするスマートフォンとは以下のどれを指しますか?あてはまるものをいくつでもお答えください。(n=562)【複数回答】
※クリックすると拡大します。


◆あなたはスマートフォンと一般の携帯電話がどんな点で異なっていると思いますか?(n=562)【複数回答】
あなたはスマートフォンと一般の携帯電話がどんな点で異なっていると思いますか?(n=562)【複数回答】
※クリックすると拡大します。



■ ネットエイジア株式会社について
【社名】 ネットエイジア株式会社
【所在地】 東京本社:東京都港区赤坂6丁目9番17号 赤坂ロイヤルオフィスビル3F
【代表者】 代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】 2005年2月
【資本金】 3億872万円
【事業内容】 モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】 http://www.netasia.co.jp/