プレスリリース

■2008年08月06日 ネットエイジアリサーチ 《シニアマーケティング》音楽鑑賞に関する調査〜好きなジャンルは「日本のポップス」、歌手は「サザン」が人気〜 


ネットエイジアリサーチ
《シニアマーケティング》音楽鑑賞に関する調査
〜好きなジャンルは「日本のポップス」、歌手は「サザン」が人気〜
 全編Flash型ネットリサーチ「リサーチTV」(http://www.researchtv.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「シニア世代における音楽鑑賞に関する調査」を全編Flash型ネットリサーチ「リサーチTV」により実施、男女50歳〜79歳のシニア層500名(男性:250名、女性:250名)の回答を得ました。

 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つ様々な情報をリサーチTVによりタイムリーに提供してまいります。
※リサーチTV:精度の高い調査結果を追求し、回答負荷を極限まで抑えた、全編Flashの動画リサーチ。モニター数は業界最大級規模130万人。回答のし易さから、シニアマーケティングでの活用事例も豊富。

リサーチTV(http://www.researchtv.jp/)調査結果>

◆シニアにとっての音楽、「気分をリフレッシュ」「心の癒し」
 自分自身にとって音楽とはどのようなものか?を複数回答形式で聞いた。最も多かった回答は、「気分をリフレッシュしてくれるもの」で70.8%、次いで「心を癒してくれるもの」が63.0%となっている。3位以下は、「元気づけてくれるもの」43.4%、「楽しみを与えてくれるもの」37.6%、「感動を与えてくれるもの」26.0%、「なくてはならないもの」22.2%の順で続いている。

◆シニアの好きなジャンル、「日本のポップス・歌謡曲」「クラシック」「フォーク」
 シニア世代の好きな音楽は何だろうか?好きな音楽のジャンルを1位から3位までランキング形式で聞いてみたところ、1位の回答が最も多かったのが「日本のポップス・歌謡曲」で225名の回答があった。次いで1位回答が多かったのは「クラシック」で63名、以下、「フォーク」(36名)、「海外のポップス」(35名)となっている。「演歌」を1位に挙げたのは31名だった。

シニアが最も好きな歌手、男性は「ビートルズ」「サザン」「美空ひばり」
女性では、「サザン」「コブクロ」
 最も好きな歌手、アーティストを自由回答で聞いた。シニア男性では「ビートルズ」を挙げた人が最も多く、次いで同数で「サザンオールスターズ」「美空ひばり」が挙げられている。その他、「中島みゆき」「井上陽水」も多くなっている。シニア女性で最も支持を集めたのは、「サザンオールスターズ」で、次いで年代的には若い「コブクロ」となっている。その他、「徳永英明」「小田和正」「さだまさし」「中島みゆき」も回答が多く集まった。

◆シニアの音楽購買は?
 ここ1年間で音楽CDを購入、レンタルした枚数やインターネットで有料でダウンロードした曲数を聞いてみた。音楽CDを購入した枚数は、「0枚」(購入していない)が44.6%、1枚以上の購入者は55.4%となる。「1〜2枚」との回答が22.0%、「3〜4枚」が15.6%、「5枚〜9枚」で括ると11.2%、「10枚〜19枚」が4.4%、「20枚以上」は2.2%だった。 レンタルについては、「0枚」(1年間レンタル経験なし)が61.8%、「1〜2枚」9.2%、「3〜4枚」8.2%、「5枚〜9枚」9.2%、「10枚以上」11.6%だった。
 また、同様に有料のパソコン音楽配信サービスで、ダウンロードした曲数を聞いたところ、「1〜4曲」11.4%、「5〜9曲」5.8%、「10〜19曲」3.6%、「20曲以上」3.6%、「0曲」が75.6%だった。ケータイの有料ダウンロードについては、「1〜4曲」9.0%、「5〜9曲」2.2%、「10〜19曲」2.0%、「20曲以上」は1.0%で、「0曲」が85.8%だった。

ここ1年間でライブ・コンサートへ行ったのは1/3強
1回あたりのチケット平均単価は「6,347円」
 最近1年間に、音楽のライブやコンサートに行った回数を聞くと、「0回」は64.8%、1回でも行った経験のあるのは35.2%だった。女性では40.8%と男性の29.6%に比べ高めとなっている。また音楽のライブ・コンサートのチケットは1枚当たり平均単価を聞いたところ、「5000円」30.7%、「8000円」14.2%、「7000円」13.1%が上位。平均単価を算出すると6,347円となった。


□ 調査概要(クローズド調査)
○  調査テーマ ・・・ 《シニアマーケティング》音楽鑑賞に関する調査
○  調査対象 ・・・ 50歳〜79歳の男女
○  調査期間 ・・・ 7月29日〜7月31日
○  回答サンプル数 ・・・ 男性250名、女性250名、合計500名

□ 調査内容
  • 1日に音楽を聞く時間(平日/休日)
  • あなたにとって音楽とはどのようなものですか?
  • 最も好きな歌手、アーティストまたは演奏家の名前1人(組)
  • 音楽を聞くときに利用することが多い機器
  • 最近1年間に、音楽CDを購入した枚数の変化
  • 最近1年間に、音楽CDをレンタル(有料)した枚数の変化
  • 最近1年間に、購入・レンタル(有料)した音楽CDの枚数
  • 最近1年間に、パソコンの有料音楽配信サービスでダウンロードした曲数の変化
  • 最近1年間に、ケータイの有料音楽配信サービスでダウンロードした曲数の変化
  • パソコン向けサービスと、携帯電話向けサービスでダウンロード(有料)した曲数
  • 最近1年間に、音楽のライブやコンサートに行った回数の変化
  • 最近1年間に、音楽のライブやコンサートに行った回数
  • どのようなジャンルの音楽のライブ・コンサートに行くことが多いか?
  • 出かける音楽のライブ・コンサートの規模
  • 出かける音楽のライブ・コンサートのチケット平均費用


 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:境野(サカイノ)
http://www.netasia.co.jp/
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256  email: mobile-press@netasia.co.jp

◆マーケッター・リサーチャーのためのメールマガジン
「モバイルトレンドマガジン」創刊〜マーケティングにおけるモバイル活用最新情報〜
メールマガジン申込サイトURL http://www.mobile-research.jp/

■ 「リサーチTV」の概要
ネットリサーチのデメリットである、極端なスピード回答やアンケート設問の読み飛ばしを排除し、限りなく「対面調査インタビュー」に近い、精度の高いネットリサーチを実現することを可能とするサービス。アンケートモニターは130万人。
回答のし易さから、シニアマーケティングでの活用事例も豊富。


■ ネットエイジア株式会社について
【社名】 ネットエイジア株式会社
【所在地】 東京本社:東京都港区赤坂6丁目9番17号 赤坂ロイヤルオフィスビル3F
【代表者】 代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】 2005年2月
【資本金】 3億872万円
【事業内容】 モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】 http://www.netasia.co.jp/